天と草原とサイクロン

「コロッケ」のことを特別に思っている人って、いっぱいいるのかな。子供のときの体験や先入観とかそんなのが、「タイフーン」が現してることとゴッチャになることって、確かにありうる話だよね。

サイト内メニュー

風の無い土曜の深夜に読書を

私は、家で個人的に出来るような働き方をして、稀に声がかかるとプロジェクトでの仕事に出る。
たった、ひと月に何回が、本気でかったるく感じてしまう。
この際引き受けるの辞めてしまおうかと。
一日が始まれば頑張るけれど、大勢の社員にはさまれて、団体で仕事を成功させるのは難しい。
と、友達に相談すると、言いたいことは分かるけれど、と豪快に笑っていた。

雲が多い平日の午後に立ちっぱなしで
鹿児島の高齢の女の人は、日ごとに、菊を墓前にしているから、なので、花が豊富に必要で、生花農家も多い。
晩に、バイクで疾走していると、菊の為のの光源がちょいちょい晩に、バイクで疾走していると、菊の為のの光源がちょいちょい視野にはいってくる。
住まいの光は非常に少ないへんぴな所かといって、電照菊光源はしきりに目にとびこむ。
電照菊ライトは何かにつけ目についても人の往来は大変ほんの少しで街灯の光もすごくほんの少しで、危ないので、高校生など、JRの駅まで送ってもらっている学生ばかりだ。

そよ風の吹く祝日の昼に足を伸ばして

最近は、海辺に釣りに道具を持っていってない。
勤めですごく気ぜわしく行けないのもあるが、しかし、ものすごく蒸し暑いので、行きにくいのもあることはある。
加えて、帰り道に近くの堤防を見ても魚をかけている気配が全然ないから、釣りに行きたいとは残念ながら思えない。
ものすごく豊富に見えていたら出かけたくなると思う。

具合悪そうに泳ぐ子供と霧
とある雪の日、少年はお母さんからお使いを言付かって、ハクサイとねぎと豚肉を買いにいく途中であった。
少年はほくそ笑んだ。
今夜はしゃぶしゃぶだ!やったぜ!…と。
しかし、事件はその時起きたのである。
なんと、ポッケに入れていたはずのおつかいのための千円札2枚が、無いのである!
少年はお店のレジの行列に並ぼうとする時、念のためズボンのポケットをまさぐって確認してみたのだ。
そして、その瞬間、お金が無くなっているのを知ったのである。
怒られるのを承知で、少年はしょうがなく手ぶらで家に帰ることにした。
次回からは、お金は靴の中か靴下の中にしまおう。
少年はこぶしを握り締め、固く決意した。

ノリノリで体操する彼と私

最近のネイルスタジオは、スカルプチュアなど、素晴らしく難しい技が使用されているみたいだ。
気持ち程安くなる招待状をくれたので来店した。
思いっきり、柄や雰囲気に関して、優柔なので、決めるのに時間がかかった。
親指にシンプルなネイルアートをしていただいて、感動し上機嫌になった。

寒い月曜の夜は足を伸ばして
20代前半にものすごく肥満体型だった時に、どうしても欠かせなかったのが、ハニートーストだ。
ピークの時は、夕食の後に4枚くらい食べていた記憶もある。
さらに並行して、マッシュポテトに取りつかれてしまい肥満の道へワープだったあの頃の私。
挑戦したダイエット方法が無理のあるものばかりだ。
最初は、14日間スープダイエット。
これは2週間程同じレシピのスープだけで生きる食事だ。
仕事場にまで水筒に入れて持ち運んだという徹底さ。
その次は豆腐を夕飯に置き換えるというダイエット。
それは、現在ではできない。
その後、1年ほどかけて生活習慣を気にするようになると、あっという間に半分くらいに。
なんでも時間をかけてというのが間違いない。

風の無い仏滅の深夜は読書を

息子の3歳の誕生日が近いので、プレゼントをどういったものにしようかを迷っている。
嫁と話して、体で遊ぶおもちゃか頭を使うものか洋服などにするかを決定しようとしている。
迷ってなかなか決まらないので、実物を見て決めることにしたけど、がつんとくるものがなかった。
けど、子供に見せてみたら、すぐに決めることができた。
すべり台に夢中になったので、それに決めた。
ただ、家が小さいので、一番小さなコンパクトなやつにした。
販売価格が、わりとリーズナブルだったので、助かった。

雹が降った月曜の深夜は窓から
会社で頑張っていた時の大好きな先輩は、社長の娘で、これぞお嬢様だった。
小柄で素直でテンションが高い、動物好きの先輩。
動物愛護グループなど立ち上げて、そこそこ運動を行っている様子。
毛皮着ない、お肉食べない、動物実験反対。
ちょっと前に、部屋にお邪魔したことがあった。
高級住宅地にある上等なマンションで、東京タワーが見えた。
その先輩、毛並みが上品な白い猫と一緒に住んでいた。

泣きながら熱弁する妹と花粉症

暑い季節らしいことを今年はしていないが、友人とさ来週、コテージを借りバーベキューを行う。
夏の流れだけれど、たまには、息抜きになる。
男が少人数なので、たいそう色々と火をおこしたり準備をしないといけない。
特に、火起こしが、女の人は苦手な人がまあまあいるので、活躍しないと。
だけどたぶん全員でビールをがぶがぶ飲むその時は、ワインをほどほどにするように気をつけよう。

蒸し暑い土曜の午前は微笑んで
久々に、麻衣子と明日香と旅行に行きました。
明日香と麻衣子は、私が通っていた短大の同級生で、同じ時間を共有した仲間です。
しかも、学んでいたのが旅行業と、英検なので、観光地巡りが、好きな学生たちでいっぱいでした。
特に、麻衣子と明日香を含む仲良し6人で世界各国へ旅行に行った思い出は大切です。
私は元々そんなに友達が多い方でもないし、それで十分だと考えています。
なので、単純に喜んだけれど、すぐ隣で麻衣子が満足そうな顔をしてくれたのも私のツボでした。